ウィクロス アンリアリスティック にじさんじ

にじさんじの方も結構公開されてきているので見ていきたいと思います。

f:id:ichi3122:20190722213448j:imageコラボルリグの中でも特に力が入ってるにじさんじ

 

まずは月ノ美兎から

 

レベル1は登録者を増やす効果と手札交換

 

レベル2~3はバニラシグニのリミット互換になっており独自リソースの登録者を得ていく効果になっています。

f:id:ichi3122:20190722213752j:imageレベル4

 

常時効果で赤と青を白エナで払える能力を持ち出現時に1枚サーチ効果を持っています。

 

ゲーム1で使える能力はトラッシュ送りと登録者100万達成で2枚サーチと控えめな印象。

 

あとはアタックした時に登録者を10万増やす効果ですね。

 

無難にまとまってるかなーといった感じ。白で払える能力は強いです。

 

癖がなく使いやすいのはコラボから始めた人にも優しい設計で良いですね。

f:id:ichi3122:20190722214313j:imageコラボ枠三人のうちの二人目に樋口楓

 

レベル1~3は月ノ美兎と同じ効果ですが、特筆すべきは赤ルリグなのに白エナでグロウする点でしょうか。

 

3のイラストがすごく好き

f:id:ichi3122:20190722214619j:imageレベル4

 

出現時に1面開ける効果とゲーム1の能力は登録者80万以上で全面バニッシュの能力と攻撃に全振りしています。

 

月ノ美兎にあったエナ変換能力はこちらは何故か持ってないのが不思議ですね。

 

バニッシュをしていれば登録者を10万増やすとここも月ノ美兎とは違う能力になっていますね。

 

ゲーム1能力がアタックフェイズ持ちではないのが少し残念ですがこっちも赤ルリグとして必要な物は揃っている印象です。

 

エナ変換能力がない分使いやすさは月ノ美兎に上がるかなーという感じ。

f:id:ichi3122:20190722215207j:image月ノ美兎専用キー

 

コインが得れないにじさんじにとって救世主のカード

 

控えめなルリグとは対照的にかなり強めになっています。

 

登録者を増やす効果を持ち、起動能力で全面開け+2ドローというアドをかなり稼いでくれるキーになっています。

 

他のキーが使えないデメリットも考慮されてこんな強くなってるんですかね。

f:id:ichi3122:20190722215613j:image続いて樋口楓の専用キー

 

月ノ美兎キー以上にアドを稼いでくれるキー

 

出現時にピーピングハンデスとサーチ2枚は頭おかしいレベルで強いですね…。

 

起動能力は全面ダウンと面開けは出来ませんが、#でろおんえあがあるのであまり気にならないでしょう。

 

双方キーが滅茶苦茶強いのが笑ってしまいますね。

f:id:ichi3122:20190722220213j:imageにじさんじ専用アーツ

 

コスト無しでサーチと登録者加速と強いんですが、枠があるかは別問題という印象。

 

他の専用アーツなりで防御面が稼げるなら是非入れたいアーツ

f:id:ichi3122:20190722220036j:imageここからはシグニの紹介となります。

 

構築済みのエースの椎名唯華

 

月ノ美兎がルリグの時にアタック時3以下バウンスで登録者100万ならレベル関係なくバウンスを得れる効果ですね。

 

セレハピで止まるのが難点ですが、普通に強いですね。

 

ただバウンス対策を持つカードが増えてきているのでちょっと逆風気味ですね。

f:id:ichi3122:20190722220635j:imageLB枠なしのモイラ

 

登録者80万達成で1ドロー出来る効果です。

 

もう強く生きてとしか言えないカードですね…。

 

なんていうかレベル4が持つ能力ではないという事だけははっきりしています。

 

2ドローとかなら普通に良いカードだと思うんですけど…。

 

せっかくのイラストに残念なテキストを持ってきてほしくないですね。

f:id:ichi3122:20190722220947j:imageレベル3の魔界ノりりむ

 

出現時にエナチャージ効果

 

好きな人には申し訳ないんですがモイラも魔界ノりりむもちょっと弱いなーと思っちゃいます。

f:id:ichi3122:20190722221340j:imageレベル3の出雲霞

 

出現時にデッキトップを見てレベル2以下を出す能力で、登録者100万達成でレベル制限が無くなるという良テキスト。

 

序盤から終盤まで使えるいいカードですね。

f:id:ichi3122:20190722221657j:imageレベル4の本間ひまわり

 

 

これは椎名唯華互換の赤シグニでセレハピで止まる点こそあるものの優秀なシグニになっていますね。

 

 

公開されているカードは以上となります。

 

タウィルナナシと比べて情報が小出しされているので少なめになってしまいました。

 

かなり気合い入ったコラボで発売が本当に待ち遠しいですねー。

 

こちらも情報が増えてきたらまた上げますね。

ウィクロス アンリアリスティック ナナシ その2

今日はナナシの方を見ていきます。

f:id:ichi3122:20190722193121j:imageレベル3のナナシ

 

黒エナ一つでコインを2個得るロストレージ組の効果ですね。

 

イラストが本当に素晴らしいです。

f:id:ichi3122:20190722193302j:imageレベル2のナナシ

 

リミットが低いので使う機会はあまりありませんがイラストアドが非常に高い一枚。

f:id:ichi3122:20190722193359j:imageレベル1のナナシ

 

手札をコストにコインを得る効果ですね。

 

新聞部らしい見た目が非常に可愛らしいです。

f:id:ichi3122:20190722193455j:imageオールスターの構築済みのエースだったジャパコカビ

 

下敷きとダウンをコストにー12000が出来ます。

 

効果使った後にライズをすると無駄なく攻撃が出来るので上手く使っていきたいですね。

 

魔道書でも武器でもなく思いっきりしカビと書いてありますがウェポンです。

f:id:ichi3122:20190722193644j:imageレベル3のエンキリデ

 

起動効果で場のウェポンを下敷きにする効果とターン終了時に下敷き一枚を回収できる効果を持ってます。

 

ジャパコカビやトートに下敷きを送ったり出来ますし、ターン終了時まで場に残れば下敷き回収で出現時効果を使いまわせたり出来るのでかなり使い勝手がいいシグニですね。

f:id:ichi3122:20190722194236j:imageレベル2のカゲシ

 

出現時で黒エナ払って下敷きを回収出来る効果です。

 

エンキリデ等の下敷きを増やす効果を使った後即時回収してまた使ったり等、色々出来そうな子ですね。

f:id:ichi3122:20190722194456j:imageレベル1のインペ

 

黒エナでライズをサーチする効果を持っている優秀なカードですね。

f:id:ichi3122:20190722194702j:imageバニラ枠のトンコウ

 

タウィル同様キーセレではバニラも有用なカードで、パワーラインを意識しながら採用するか判断ですね。

 

とりあえず現在公開されてるナナシのカードは以上ですね。

 

またある程度公開されたら記事上げていきます。

 

次はにじさんじの方を見ていきます。

ウィクロス アンリアリスティック タウィル その2

新弾のカードもある程度公開されてきたのでこの辺で一回見ていきたいと思います。

f:id:ichi3122:20190721233542j:imageレベル3のタウィル

 

効果はコインを2個得るというもの。

 

特筆すべきはイラストでパッと見上半身裸なの!?というデザイン。

 

これよく修正されませんでしたねっていうくらいえっちですね。グロウ躊躇うレベル。

f:id:ichi3122:20190721233809j:imageレベル2のタウィル

 

可愛い。

 

いつもの構築済みのコイン使ってドローするタイプです。リミットが4なので何か理由がない限りは5のものに変えるでしょう。

 

いやでもこのイラストのタウィル使いたいな…。

f:id:ichi3122:20190721233944j:imageレベル1のタウィル。

 

ドラムしてて可愛い。

 

効果はいつもの手札コストにコイン得る効果。

f:id:ichi3122:20190721234038j:imageなんか下の布面積が心配なトービエ

 

トビエルが元ですね。

 

出現時にトービエとほかのシグニをビートにする事でトラッシュから悪魔のシグニを出せますね。

 

2:1交換なのでそれに見合うシグニを出していきたい所ですね。

f:id:ichi3122:20190721234334j:imageキールンが元のナーキエ

 

サーチ効果だった前とは違いトラッシュから悪魔1枚ビートにして4枚になったら1ドロー出来る効果。

 

トービエ等の2枚ビート貯めと4タウィルの効果を使ってからなら条件を簡単に満たせますね。

f:id:ichi3122:20190721234730j:image元が分からなかったというかあったかな?なカイム

 

出現時に場のシグニをビートのして1ドローと他のカードがビートになった時赤エナ2で12000以下を焼ける効果ですね。

 

なにかがビートになった時点で能力がトリガーするのでそこだけ注意です。

 

1ドロー出来てレベル4まで焼けるというのは強いですね。コストが重いのがネックですが。

f:id:ichi3122:20190721235023j:imageこちらも元が分からなかったブリジット

 

ビートになった時赤エナを払って5000以下を焼く効果を持ってます。

 

場からでもトラッシュからでも発動出来るので使い勝手がいい序盤の点稼ぎ要因として良さそうですね。

f:id:ichi3122:20190721235317j:imageこちらも(以下略カウカス

 

ビートになった時手札交換が出来る子ですね。

 

強いです。

f:id:ichi3122:20190721235719j:imageバニラ枠のイルリヒト

 

キーセレではパワーラインが3000なのとユキキーによる序盤の安定の為用に入れたりしますね。

 

 

という訳で現段階で公開されてるタウィルを見ていきました。またある程度公開されてきたらあげようと思います。

 

ナナシとにじさんじも勿論見ていきます。

ウィクロス メルデッキ キーセレクション

アンリアリスティックの情報も続々と出ていて毎日が楽しいですね。

 

タウィルもナナシも自己完結してるカード多めで使いやすそうな印象です。

 

まぁここら辺は別記事にて深掘りしていきます。

 

 

という訳で本題のメルについてですね。

 

まずはレシピを載せます。

 

ウィクロス図鑑の事すっかり忘れてて今回からはこれを使って紹介していきます。

f:id:ichi3122:20190721223727p:image

オールスターでは調理のシグニを使いアクセというギミックを持ってたメルですが、キーセレでは微菌を使いチャームを付与して戦うルリグに変化しています。

 

クラスとギミックは違えどオールスターと同じくランサーの付与やバンプして戦う所は変わっていません。

 

ランサー付与やバニッシュ耐性の付与等メルは「得る」効果が多くセレクト・ハッピー5がある現環境では「得る」効果に頼った構築だとセレハピ一枚で対策が出来てしまいます。

 

なので、あまり「得る」効果に頼らず面を要求していく構築にしてみました。

f:id:ichi3122:20190721224213j:imageまずは、ルリグデッキからですね。

 

コインは5個使うので1、3はコインを取るようにしています2はリミットが5になるブースターの方を採用しています。

 

用途としては真遊月に2~3と華代に2とベルセルクに1で、状況に応じて真遊月の2ドロー2チャージとベルセルクを選択していきます。

 

キー枠は真遊月と華代を採用しています。

 

真遊月は出現時にコインを使う事で全面バニッシュと2ドロー2チャージの凄まじいアドを稼いでくれます。

 

4に乗った段階で使って点を要求して後はセレハピのコストに使って華代キーに繋げていきます。

 

アーツ枠は落華流砕と千変万化とセレハピを採用しています。

 

落華流砕はメルなら2モード使えるので有用な防御アーツになりますね。

 

赤エナは羅源tntを入れています。

 

千変万化はメルの準専用アーツ。

 

ちょっとパワー不足感ありますがキーセレなら十分な防御力です。

 

セレハピは説明不要の超汎用アーツですね。

 

入れない方が難しいくらいのアーツ。

f:id:ichi3122:20190721225649j:image続いてLB枠のシグニ

 

高レベが中心になっています。

 

ウェディは面開けからランサー付与にバニ耐と多様な攻め手があるので4枚必須ですね。

 

ヨウサンはチャーム付いてるシグニにランサー付与をしてくれますがセレハピぶっ刺さりなのであまり点は取れませんがセレハピを強要させる用って感じですね。バンプアップも地味ですが強いです。

 

カルシはコストこそ重いもののアタック時バニッシュを付与出来るので採用しています。「得る」効果ではないという点が高評価です。

 

プロテインはバニ耐と効果によるバニッシュ耐性を付与出来て、条件も緩く出現時も便利という万能カード。

 

ビタミンDの枠にもう一枚採用していい感じです。

 

カーボは序盤の点稼ぎ要因ですね。ランサー付与と合わせれば2点取れるので上手く使っていきたいですね。

 

センイは4枚採用したい所ですが、1000以下バニッシュが多くなってきた現環境では4枚採用がしづらいなという感じ。

 

鯖はO4とD4を2枚ずつ採用です。一応レベルをばらけさせてます。

f:id:ichi3122:20190721230901j:image非LB枠

 

こちらはビタミンB6を除いて3以下にしています。

 

ビタミンB6はチャームが付いていればそのまま点を取りに行けるカーボのレベル4版ですね。パワーはヨウサンやビオチンでカバー出来るのであまり気にならないでしょう。

 

ビオチンはコストこそ必要なものもターン2でチャーム付与出来て、バンプも出来る非常に優秀な子なので4枚採用してます。

 

ビタミンAはターン1な代わりにコストが必要ないチャーム付与ですね。バンプ効果はあまり使いません。

 

ビタミンB2はチャーム付いてるシグニにランサーを付与出来ます。カーボに付けて点を取っていくのが理想ですね。

 

トロルドは中央なら効果によるバニッシュ耐性と左右ならバンプしてパワーラインが3000になるシグニで場持ちを良くする為に採用です。相手に合わせて中央か左右を選択していきます。

 

Tntは落華流砕のタッチ枠として採用してます。効果も効果によるバニッシュ耐性で悪くないです。あと服装がえっちです。

 

あとはなんとなく入れている観取。別のにしてもいいんですがランサーで突っ込みたい時に使用します。セレハピされたら知りません。

 

鯖は一応レベルバラつかせています。

 

 

メルは難しいギミックがある訳でもなくやる事はチャーム付けて殴るという脳筋仕様なので非常に使いやすいルリグだと思います。

 

ある程度構築に気を使わないとセレハピ一枚で対策されてしまうので、付与と面開けの比率が大事になっていきます。

 

それではこの辺りで

 

次回のレシピ紹介は奇数グズ子かウリスのどちらかを予定しています。

ウィクロス アンリアリスティック タウィルとナナシ

一昨日から新弾のアンリアリスティックのカードが公開されましたね。

 

タウィルは新能力ビートを搭載した赤にカラーチェンジをし悪魔を使うルリグに。

 

ナナシはライズを搭載した黒のウェポンを使うルリグになっています。

 

もう一つはコラボとして参戦したにじさんじのライバー三人がルリグになって登場ですね。

 

にじさんじは電機を使い色はライバー毎に変わり、コインの代わりに登録者カウンターという独自のリソースを持っているのが特徴です。

 

今日までの公開でタウィルとナナシのレベル4とシグニが公開されたのでがばがば考察をして行こうと思います。

f:id:ichi3122:20190711212012j:imageまずはタウィルから

 

一つ目はアタックフェイズ開始時にレベル1~4のビートが一枚以上の時に、ドローかエナチャする能力

 

ビートについては後述します。

 

二つ目はシグニ1体をビートのしてドローする能力

 

三つ目はコイン技でアーツ一枚切って悪魔を3体トラッシュから出す能力です。

 

コイン技はコストが重い分強力な効果ではありますがアタックトリガーに弱いので、出現時が強い悪魔が出てくるかにかかってますね。

 

プライマル用に適当な赤アーツを入れるんじゃなくて状況を見て選択出来るアーツを採用したい所。

f:id:ichi3122:20190711212504p:imagef:id:ichi3122:20190711212401p:imageビートについて説明していきます。

 

ビートはルリグやシグニの効果でフリーエリアにシグニをビートとして貯めるギミックですね。

 

貯めたビートに応じて能力が発動をしていきます。

 

ビートはターン終了時にトラッシュに置かれるので山札圧縮とかにはあまり使えなさそうです。

 

恐らく相手は干渉が出来ないリソースですかね?

f:id:ichi3122:20190711212816j:imageシグニも一枚公開されていてムンカルンがムーンカルになってキーセレに参戦です。

 

出現時に赤エナでビートを2枚貯める能力と、アタックフェイズ開始時にビート5枚以上で1面開ける能力を持っています。

 

エナが余りやすいキーセレでは、出現時のコストはあまり気になりませんがビート5枚以上というのがきついのかどうかって感じですね。

 

ムーンカル2枚+タウィルのビートで5枚は達成出来ますが毎ターンは無理ですし、ほかのカードがどれだけビートを貯めれるかで強さが変わっていきますね。

f:id:ichi3122:20190711213557j:image続いてナナシ

 

ギミックはシグニの下にカードを敷いて強化です。

 

一つ目の能力はライズしたシグニの下に下敷きを一つ追加する能力

 

二つ目は出現時にトラッシュからライズシグニとウェポンを回収する能力

 

三つ目はコイン技でウェポンシグニ2体に下敷きを二つまで追加し下敷きの数ドローする能力

 

コイン技はアタックフェイズでも使えますが見た感じは攻撃用って感じですね。

 

下敷きが追加されたら面開けが出来るシグニとかいたら防御でも使えそうですがどうなることやら。

f:id:ichi3122:20190711214517j:imageこれはちょっと元が分かりませんがライズのトート

 

下敷きが3枚あればダブルクラッシュを得て、下敷きの数パワーが1000上がります。

 

アタック時は自身のパワーの半分を相手の全てのシグニにマイナスしていきます。

 

下敷きがあればあるほど強力になるカードで条件を達成すればかなり強いカードですね。

f:id:ichi3122:20190711214820j:imageレベル3シグニのデマギア

 

出現時に黒エナで自身に下敷きを置き、下敷きがあればパワーマイナス7000をかける能力を持ちます。

 

デマギアからトートにライズして、ナナシの効果で下敷きを追加すればぴったり3枚になりますね。

 

キーセレでもライズギミックを持つリルと比べると、ナナシのが強い気もしますが下敷きを参照しているという所が差別化されています。

 

ナナシは公開されたカードの噛み合いっぷりを見ると結構強そうですね。

 

ただギミックの性質上カオスアウトブレイクが重たいですが…。

 

エクスプロード時点では最後の効果があまり刺さる相手がいませんでしたが、まさか次弾で刺さる相手が来るとは思いませんでした。

f:id:ichi3122:20190711215731j:imageにじさんじの本日の公開分はレベル0のものになります。

 

ルリグになる三人のライバーが可愛らしいですね。

 

ギミックは登録者カウンターを増やして勝利を目指すという感じ

 

登録者に応じて強化を得たりするんでしょうけどコインを得れないデメリットを解消出来るのかが気になりますね。

 

まぁまだどのルリグも公開されてるカードが少ないので、すぐに強いかどうかの判断は出来ませんね。

 

にじさんじはギミックが面白そうなので組む予定です。

 

にじさんじは全くわからないので、多少は分かるようにyoutubeで見ますかね。

 

またある程度まとまって公開されたらアンリアスティックの記事上げようと思います。

 

それと次回予告ですが、次のデッキはメルのレシピ載せようと思います。

 

一回イレブンプレカの記事挟むかもしれません。

 

それではこの辺りで。

ウィクロス スペル軸優羽莉 キーセレ

イレブンプレカ以外の記事は初となりますね。

 

ウィクロスの方もぼちぼち上げていくと思います。

 

基本的にはキーセレですがたまにオールスターの方書くと思います。

 

とりあえず今持ってるデッキのレシピを少しづつ上げていこうと思います。

 

まずは一番気に入ってる優羽莉のデッキです。

f:id:ichi3122:20190709122338j:image~ルリグデッキ~

英血の器 優羽莉 Ly0

英血の器 優羽莉 Ly1‘

英血の器 優羽莉 Ly2’

英血の器 優羽莉 Ly3‘’

英血の器 優羽莉 Ly4‘

聖マルディウス教会

一途の巫女 ユキ

血晶照射

イノセント・ディフェンス

セレクト・ハッピー5

 

シグニデッキ

LB有り

紅蓮の使い魔 アンゴルモア ×4

紅蓮の使い魔 ツクヨミ ×4

紅蓮の使い魔 アカズキン ×4

紅蓮の使い魔 モルモー ×3

血晶の紅雨 ×1

サーバントO4 ×4

LB無し

紅蓮の使い魔 コノハナサクヤ ×4

紅蓮の使い魔 オズマ姫 ×4

紅蓮の使い魔 アマデウス ×3

血晶の斧撃×2

祝福の五光×3

サーバントQ2 ×4

 

 

スペル軸でLy4に乗ってから面開けして殴るのを繰り返すデッキです。

Ly4に乗る頃にはアタックも通りづらくなるので低Ly時でも点を要求出来るカードを採用しています。

 

 

~ルリグデッキについて~

f:id:ichi3122:20190709123235j:image
f:id:ichi3122:20190709123229j:image
f:id:ichi3122:20190709123217j:image
f:id:ichi3122:20190709123224j:imageまずはルリグからコインは3枚しか使わないので1と3はコインを得るものではなくしています。

 

Ly3の優羽莉ですがコインも3枚のみというのとLy3シグニがいないのでドロー出来るタイプにしています。

 

Ly4は特に言うこともありませんがトラッシュから血晶武装可能なのとアルティメットレイドが強力な英血を採用しています。

 

次はキーについてです。

f:id:ichi3122:20190709123752j:imageユキキー

 

Ly1でアマデウスを2枚確保する為に入れています。

 

あとは守りたいタイミングでセレハピのアンコールコストにします。

f:id:ichi3122:20190709123918j:image聖マルディウス教会

 

バニッシュ耐性には弱いもののエクシードの全面バニッシュが単純に強力なキー。

 

自分のターン時に1000バンプも黒シグニの-12000にも強く出れるので採用しています。

 

あとはLovで合わせたいっていうのもあります。

 

アーツの選択についてですね。

f:id:ichi3122:20190709213149j:imageまずは血晶照射

 

キーセレでは少ない最大で3面守れるアーツですね。

 

手札補充も出来ますし優羽莉には必須の一枚です。

 

サーバントQ2はモード4を発動しやすくする為に採用しています。

f:id:ichi3122:20190709213348j:imageセレクト・ハッピー5

 

キーセレではほぼ必須アーツですね。

 

どのモードも強いですがシグニ止めで使うのが多いです。

f:id:ichi3122:20190709213509j:image最後はイノセント・ディフェンスです。

 

ここは自由枠といった感じで環境に合わせて変えていけばいいかなと思っています。

 

要求エナが重い事もあって中々上手く刺さらない場面が結構多かったです。

 

~メインデッキについて~

Ly3を採用せずその枠をLy4とスペルに割いています。

 

血晶武装するシグニは全部4枚積みにしています。

f:id:ichi3122:20190709214011j:imageこのデッキの主役のアンゴルモア

 

出現時にスペルサーチを持ち、スペルを使えば赤エナで面開けが出来る優秀なシグニです。

 

メインフェイズで面開けが出来るのが本当に強いですね。

 

血晶武装もすれば更に面開けが出来ますが、血晶武装はアカズキンとツクヨミに回したいのであまりしませんが優秀な効果です。

f:id:ichi3122:20190709214539j:imageエースのアカズキン

 

2点から一気にゲームセットを迫れるアタッカーです。

 

真っ先に対処されるので攻撃が通ることは殆どありませんが相手にかなりのプレッシャーを与えるのが非常に強力です。

f:id:ichi3122:20190709214900j:imageツクヨミ

 

出現時に回収アンゴルモアかアカズキンを回収するのが主な仕事。

 

いざとなれば血晶武装で面要求も出来る万能な娘。

f:id:ichi3122:20190709215240j:image
f:id:ichi3122:20190709215235j:imageオズマ姫とサクヤ

 

2~3帯で点を要求する為に採用しています。

 

オズマ姫は出現時にサーチが出来るのでサクヤかオズマ姫の血晶武装を狙っていきます。

 

サクヤはアサシン持ちで出来れば3帯の時に血晶武装出来るようにしておきたいです。

f:id:ichi3122:20190709220048j:image
f:id:ichi3122:20190709220052j:imageモルモーとアマデウス

 

モルモは2帯以降から使用していき血晶武装のサポートを行なっていきます。

 

アマデウスはly1を絞る為とパワーラインを上げるのがお仕事ですね。

f:id:ichi3122:20190709220557j:image
f:id:ichi3122:20190709220600j:image
f:id:ichi3122:20190709220553j:image

スペルは祝福の五光と血晶の斧撃と血晶の紅雨を採用しています。

 

五光は相手依存ですがバニッシュと手札補充のモードが選べる便利なカード。

 

斧撃はモード2でアンゴルモアでバニッシュをしていきますが、状況次第でモード1も選択して行きます。

 

紅雨は強いんですけどコストが重いので1枚のみ採用してます。

 

~回し方~

まずはマリガンですが、これはサバ1+Ly2シグニ2+モルモー+αが理想だと思うのでこのカード以外はデッキに戻しちゃいます。

 

アマデウスはユキキーでサーチするので手札に来たらマリガンしましょう。

 

1帯は、ユキキーを貼ってアマデウスを立てていきます。

 

2帯は、相手に面を見ながらサクヤかオズマ姫のどちらかを立てて行きます。

 

1000が立っていればサクヤを立ててそうじゃないならオズマ姫を血晶武装して点を要求していきます。

 

3帯はパワーラインで負けるのでサクヤを血晶武装で点を要求していきます。

 

4に乗る前に相手ライフクロスを2枚にしたいので多少無理してでも面を開けて殴っていきます。

 

4帯は、アンゴルモアを立てて面開けしてアカズキンでプレッシャーをかけていきます。

 

アカズキンでの要求が出来ない時はアンゴルモア+スペルで3面開けたりツクヨミの血晶武装のアタック時で3面要求をしていきます。

 

4乗る時に2面まで削れなかった場合は、アカズキンは立てずアンゴルモアで面開けして削っていきます。

 

アルティメットレイドはもうセレハピがある以上、刺さりづらいので適度な所で撃って相手にアーツを吐かせる為に使っていきます。

 

基本的には、アンゴルモアで面開けをして3面要求をしてペースを握って攻めましょう。

 

ざっとプレイングはこんな感じです。

 

まだ書くことはあるんですが全部書くのは大変なのでこれまでにしておきます。

 

 

~まとめ~

この優羽莉は狙ったわけではありませんがウリス相手には結構強くなっている構築になってると思います。

 

防御手段の殆どがバニッシュなので、エクスプロードで追加されたバニ耐を付けるメル相手やトラッシュのレベル4を抜いてくるミュウ相手は相性が不利になってしまいます。

 

ミュウ相手はトラッシュにレベル4を置かないように気をつけたいですが、カオスアウトブレイクで剥がされてしまうのが悲しいですね…。

追記:剥がされても血晶武装は解除されませんでした。不利な事は変わりませんが…。

 

 

優羽莉はやる事がシンプルで使いやすいデッキなので是非とも使ってその強さを体感して欲しいです。

 

結構ガバガバな所あるので、気になる点等あればご指摘頂ければ…。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

イレブンプレカ ベルガモデッキver1(解体) 解説

昨日書くつもりだったんですが、早起きしないといけないものだったので今日更新する事にしました。

f:id:ichi3122:20190623232500j:image

この記事にもデッキを載せます

 

デッキ

・6弾 ベルガモ 8

・1弾 IR豪炎寺 3

・絆セット 豪炎寺 5

・1弾 武方勝8

・1弾 下鶴 6

ゴールキーパー

・2弾 源田

必殺技

・レクイエムダスト/忘却のソナタ 1

・スカイウォーク/キャスティングアーム 2

・パイソンホーン/特攻バッファロートレイン 1

・ザ・シェルター/ザ・ボヨン 1

・湿川 1 

・ホワイトダブルインパクト 1

・トリプルブリザード 1

 

全員FWで固める事でホワイトダブルインパクト→トリプルブリザードの火力を出すデッキです。

 

突破フェイズでは豪炎寺に火力を出しつつ必殺技回収とTP回復しながら最終的にベルガモがパスを受け取りシュートを繋ぐというと動きを想定しています。

 

防御武方に止めて貰ってその後豪炎寺でボールキープをし1-0で締めていくという感じです。

 

源田で止める事は想定していません。

 

それなりに動いたとは思うんですが、何で解体するのかっていうとベルガモが要らないからですね。

 

豪炎寺一人で基本的に動きが完結してて豪炎寺がOF5でベルガモ唯一のアイデンティティといってもいいOF5が活きないんですよね。

 

前半戦ならIR豪炎寺のTP回復とベルガモのTP回復で丁度シュート技オーバーライド出来るんですけど後半だとベルガモの回復いらないという悲しみ。

f:id:ichi3122:20190623235109p:plain

特に絆豪炎寺はドリブラーとしてもストライカーとしても使える優秀なカードです。

 

ベルガモが入る余地がない!

 

f:id:ichi3122:20190623235144p:plain

地味に武方がFWでは珍しいDF4という数値でBCPも4と高く使いやすいカードでした。

f:id:ichi3122:20190623235445p:plain

オリオン3弾で追加されたザ・シェルターは本当に優秀なカードで武方と合わせてdf9まで行くので防御の要ですね。

 

ザ・シェルターは豪炎寺で回収出来ない唯一のカードなので使い所を間違えると源田でボールを止めるという確定演出が入ります。

 

とにかくこのデッキは豪炎寺の回収能力と突破力を活かすデッキで、そこのベルガモを突っ込んだ形になります。

 

使ってみると本当にベルガモがいらない。

 

ただのBCP2の事故要因にしかならないというとコンセプトミスですね。

 

あとは豪炎寺を使う以上ライセンスはジャパンを使用するのですが、ライセンスにベルガモ使ってないのに気付いてってのもあります。

 

結果的には、構築ルールに反してたので解体して正解でした。

 

こうあれですね。

 

ベルガモを活かすよりもどうすればベルガモの個性が死なないかで考えた方が楽かもしれません。

 

とにかくどういう形であれベルガモが入れる意味があるデッキにしないとですね…